白鵬が日本国籍を取得して親方に

ついに横綱白鵬が日本国籍を取得した

引退後の人生として親方に選択肢がふえた

ただし日本相撲協会に残り親方になるには 年寄名跡取得に絡む国籍問題の是非は残る

だがこの日本国籍取得は将来親方になるための大きな一歩になることには間違いない

白鵬の父親は元モンゴル相撲の横綱で国民的英雄だ

普通の親でも子供が国籍を変更すると言ったら反対するだう

国民的英雄ならなおさらモンゴルに誇りを持っているはずだから反対するのは当然だろう

しかしそんな白鵬の父も亡くなる直前には我が道をいけと白鵬に伝え

息子の日本国籍取得を後押しした

白鵬といえば横綱ゆえにバッシングを受けることもあるが

偉大な横綱であるこは変わりないし

それは成績で証明している

将来、白鵬が親方になったときにどうな力士を育てるのか非常に楽しみだ

すでにスカウト活動も行っているみたいなので確実に親方への道を進みだしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です