那須川天心3冠達成!でもダウンのシーンがCMで!?

那須川天心がキックボクシングで3冠を達成しました!

ISKA世界バンタム級王者マーティン・ブランコと同じフェザー級をかけて対戦しました

結果は2回19秒のKO勝ちでRISEバンタム級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者につづいて3つ目のISKA世界フェザー級王者のタイトルを手にしました

那須川天心は「こんなものじゃ満足できない。もっと高みに挑戦したい」とさらに上を見ていることを強調した

本番約2週間前にISKAフェザー級王者アメッド・フェラージが那須川を恐れて逃亡した経緯がある

それくらい今、那須川天心は強いということだろう

昨年大晦日のメイウェザーには敗れたが、これはエキシビジョンマッチ

そして今回の試合で物議ぎを醸し出しているのが

なんとCM中に相手のブランコがダウンしているという

しかも2回も

これは見ている方としては「ふざけんな!」「なんなんだよ」となるのは当然だろう

CMに入ったのはブランコが右目上から流血して一時試合中断の場面だった

そこでもしかしたら番組側が時間がかかると思ったのかもしれない

テレビで放送する以上CMを挟まなければいけいのはしょうがないこと

そのタイミングはこういったリアルタイムに進行していく試合では非常に難しいところ

さまざまなスポーツにおいて民法という特性上この問題は切っても切れ離せない問題だろう

もしどうしても見逃したくないのであればその分の支払いをしなければならないということだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です